個人再生のメリット・デメリットについて解説しています

個人再生のメリット・デメリットについて解説しています

個人再生のメリット

メリット

 

個人再生の最大のメリットは持ち家等の資産を残しながら債務整理が出来る点です。

 

ローンが残っている場合は住宅ローンの返済も通常通り行い、個人再生後の返済も同時に行っていく事になります。

 

また個人再生いう債務整理の方法は、3年あるいは5年間と言う期間内に債務を返済していく方法です。

 

裁判所によって借入金の大幅な削減を認可される事によって行われます。

 

まず個人再生という債務整理の手続きは、当該債務者が給与所得者個人再生なのか、小規模個人再生なのかに分類される事になります。

 

この判断基準は現在の資産・財務状況、借り入れをしている総金額、債権者数により判断されます。

 

また意外なのが個人再生を行うにおいて、理由が必要となりますがその理由が仮にギャンブルであろうと個人再生が可能であるということ。

 

いづれにしても自己破産の場合と同様に、弁護士や司法書士等の専門家に依頼する事で、債権者に債務の督促がストップすることは精神的にも大きなメリットです。

 

個人再生に関しては債務額が減って返済負担が減ります。個人再生は3年、あるいは5年の返済計画に基づいて債務の完済ができる債務整理の方法です。

個人再生のデメリット

デメリット

 

個人再生のデメリットは比較的審査が厳しいという点が挙げられます。理由は3年あるいは5年で債務を完済させなければならないという返済計画完結させるためです。

 

実際この3年あるいは5年間に安定した収入が見込める人間であるかどうかを見極め、判断しなくてはならない為です。要は返済能力があるかどうかの審査が厳しいといううことになります。

 

また自己破産などの場合と同様にクレジットカードが7〜10年は出来ないと言うデメリットもあります。

 

クレカが作れないということはあらゆるローンが組めないということです。

 

また個人再生を行う場合は特定調停とは逆に予想以上に費用がかかる場合もあるので専門家と相談した上で行うことが賢明です。

トップへ戻る