過払い金請求について

女性

 

平成18年に金銭の貸付に関する法律(利息制限法)が改定され、貸付金額にかかる利率の上限が引き下げられました。

 

それ以前の利率で貸付されていた方と、それ以降の改定された利率の誤差により生じる払いすぎた利息を「過払い金」と言います。

 

また債務者が逆に債権者に請求する事を「過払い金請求」といいます。

 

この利息制限法が改定された事で、今までグレーゾーンと言われていた金利問題が公になり解決する方向に向かいました。

 

これまでグレーゾーンの金利でなんとなく支払っていた利息は、本来支払わなくても良い利息だった為、それを債権者に請求できる様になったのです。

 

しかし過払い金請求をすれば直ぐに過払い金が返金されるのかと言うとそういう訳ではありません。

 

過払い金請求をしっかり履行するには債権者に支払履歴を開示してもらわなくてはならず、様々な書類を用意しなくてはなりません。

 

また注意しなければなならないのは過払い金請求には「10年の時効」があることも覚えておかなくてはいけません。

 

時効は債権者との最後の取引から遡って10年間です。その10年間は過払い金請求ができ、それ以前は請求が出来なくなると言う事になります。

 

また、過払い請求の基本はキャッシングです。クレジットカード利用だとしてもショッピングでの適用は難しく、キャッシングの場合に適用される事が多いのが現状です。

 

基本的に過払い金は債務整理では有りません。しかしながら債務が減額になる可能性があると言う事から債務整理と同じ扱いをする場合もあります。

 

何もしなければ債務の減額、減少にはなりませんからね。いづれにしても債務を減らす為に、素人の方ではなく専門家に相談してみることが重要です。

 

専門家に依頼したほうが良い過払い金請求

女性

自己破産など債務整理をする前に過払い金請求が出来るとしたら、債務が少しでも減る可能性が出てきます。

 

このあたりはなかなか難しいい場合が多いのも現実ですが、この過払い金請求の進め方については個人で請求する事も可能ですが専門回依頼するのがベストです。

 

なぜなら裁判、債権者との多岐に渡る交渉、書類作成等、面倒な事がかなりあります。手間がかかりすぎるというのが現実です。

 

過払い金請求は専門家、いわゆる弁護士や司法書士に依頼するのが一番効率よく払いすぎたお金を返金に結びつけてもらえると思います。

 

また現実問題として個人の場合は満額を返金する事が少ないと言う事実があるようです。

 

当然、債権者側は出来るだけ支払いたくないし債務者は出来るだけ返金してもらいたい。交渉も難しいのは言うまでもありません。

 

反対に専門家が交渉すると成功しやすく、満額に近い額を返金してもらう事が十分に可能です。

 

仮に最悪裁判に持ち込まれた場合でも、専門家に依頼しておくと面倒な手続きをしなくて済みます。

 

⇒クリックして専門家を見てみる

トップへ戻る