民事再生のメリット・デメリットについて解説しています

民事再生のメリット

女性

 

民事再生という債務整理の方法は債務の返済計画を債権者と共に立てます。
そして債務を決められた期間で返済していくことになります。

 

民事再生の手続きの流れとしては申し立てを地方裁判所において行い、
債権者の債務の内容を調べた上で、債権者の1/2以上の同意を得られた場合のみ
民事再生が行われるという流れになります。

 

ポイントは債務者が給与所得者で有る場合、債権者の同意は不要となります。
これはつまり個人再生の事業者向け債務整理の方法ということです。

 

さて債権者との同意を得られて民事再生が同意した場合、
返済計画は3年でこれに従って返済をしていく事になります。

 

メリットとしてはマイホーム等の財産を処分する事無く
返済する事が可能だと言う事です。

 

個人再生と同様に住宅は処分せずに済みます。
しかし住宅ローンの減額自体はされない為、返済計画をよく考える必要があります。

 

返済計画次第では住宅ローンと重複するため月々の返済額が
多額になる恐れがあるのでよく考えて返済計画を立てる必要があります。

民事再生のデメリット

女性

民事再生は個人で処理するには少し複雑な部分が多いのが事実です。

弁護士や司法書士等の専門家に依頼する方が民事再生を申し立てる際には賢明でしょう。

 

当然依頼費用もかかりますので、注意しておく必要があります。
民事再生の一番のデメリットとしては自己破産と同様に
ブラックリストに載ってしまう為に7〜10年はクレジットカードの使用や作成、
またローンの借り入れ等が出来ないと言うデメリットが有ります。